リラクタントガールズ

ふーこ、いずみ、つっつんの3人がそれぞれ楽しいことをほぼ毎日書くブログ。

グウェン・ヴァードンかわいい

おはようございます。
リラガルのいずみです。
 

 
Youtubeを見てて、グウェン・ヴァードン(Gwen Verdon)にはまりました。
 
1950年代から1970年代くらいまで、ブロードウェイや映画で活躍した女優さんです。
(私はちょうどその時代のミュージカル作品を全然知らなかった。)
歌声かわいいし、ダンスしてる姿がほんとうに魅力的。
ボブ・フォッシーの奥さんだそうです。(別居してたらしいけど)
今年、この夫妻に関するドラマをアメリカで放送してたらしい。
 
観た方が早いので、動画を見てください。
 
 

www.youtube.comくたばれ!ヤンキース』(映画1958年) Who's got the pain

作中の舞台のシーン? 夫のボブ・フォッシーと踊ってる。
動きのすべてが美しすぎて目が離せない。
 
 

www.youtube.comくたばれ!ヤンキース』(映画1958年) Whatever Lola wants

主人公を誘惑するセクシーな悪魔の曲。
 
 

www.youtube.comスウィート・チャリティ』 If They could see me now

スターの部屋に招かれて、浮かれた主人公のチャリティが「仲間が今の私を見たら、信じられないだろうな!」と歌う曲。
浮かれててものすごくかわいい。
 

www.youtube.com『シカゴ』 Nowadays (1984年の映像)

最初にAll That Jazzを歌っているのは、チタ・リヴェラ。
グウェン・ヴァードンはチタ・リヴェラと共に、ブロードウェイオリジナルキャスト。
ロキシー・ハート役でした。
軽薄かつかわいい、というロキシーの役はこの人によって生み出されたんだなぁ。
 
 
フォッシーの作品は、ブロードウェイでリバイバル版を観た『ピピン』と『キャバレー』が印象的です。
『シカゴ』も昔、来日公演を日生劇場で観ました。
グウェン・ヴァードンをきっかけに、他の作品も見ようと思いました。
フォッシーに限らず、50年代から60年代の作品も。
とりあえず、映画の『くたばれ!ヤンキース』と『スウィート・チャリティ』あたりを。
(映画版『スウィート・チャリティ』の主演のシャーリー・マクレーンもわりと好きだし)
 
以上、いずみがお送りしました~