リラクタントガールズ

ふーこ、いずみ、つっつんの3人がそれぞれ楽しいことをほぼ毎日書くブログ。

シネマ歌舞伎を見てきたよ!

こんばんは
リラガルのいずみです

 


f:id:reluctantgirls:20190621215623j:image


今日は映画館で、シネマ歌舞伎『鷺娘/日高川入相花王』(さぎむすめ/ひだかがわいりあいざくら)を見てきました!
どちらも坂東玉三郎の舞踊が楽しめる演目です。
めちゃくちゃ最高でした。

www.shochiku.co.jp


シネマ歌舞伎とは、歌舞伎座などでの公演を収録して映画館で上映するものです。
(ナショナルシアターライブみたいな感じですね。) 
松竹系の映画館(Movixとか)だと、「月イチ歌舞伎」として、月に1本上映されます。
歌舞伎座に行くより気軽に見れますし、人気の俳優が出演する人気作品が多いので、歌舞伎を見たことない方にもかなりおすすめ!

www.shochiku.co.jp


(今回の『鷺娘/日高川入相花王』は、舞踊がメインの演目なので、舞台でダンス見たことない人だとあんま楽しめないかも。
初心者ならば、ストーリーメインのお芝居(世話物という)のほうがおすすめです。)


『鷺娘』は評判だけ聞いていて、実際に見た事はなかったのですが、とてもすてきでした。
歌詞とか全然分からないけど、衣装がきれいで楽しんでいたら、最後とても悲しくてぞわっとしました。


また、私は歌舞伎で女の子が、怒ったり激しい恨みによって化け物になってしまう演出がかっこよくて好きなので、先に上映された『日高川入相花王』は嬉しかった。
『鷺娘』と違い、こちらは何も知らずに見ましたが、道成寺の話でした。
道成寺」というのは、安珍という僧に恋をしていたのに、裏切られた清姫という女の子が怒りのあまり蛇の化け物と化し、道成寺の鐘に隠れた安珍を、鐘ごと焼き殺したという有名なストーリー(?)です。

ja.m.wikipedia.org


この作品は、清姫安珍を追って道成寺に行くために、日高川という川を渡りたいのに船頭に断られてしまい、死ぬ気で川を泳ぐというシーンでした。
役者が、文楽のお人形のふりをして演じるものだったので、その人形らしい動きも面白いところです。


私は、坂東玉三郎が好きな分かりやすいにわかファンです。
一時期、歌舞伎が大好きすぎて、歌舞伎座売店でアルバイトしてたこともあります。
歌舞伎が気になるけど見たことないという方向けに、また記事を書こうと思います。


それでは、いずみがお送りしましたー。