リラクタントガールズ

ふーこ、いずみ、つっつんの3人がそれぞれ楽しいことをほぼ毎日書くブログ。

ミニーちゃんの声優ルシー・テイラーさんの話

こんにちは
リラガルのいずみです
 

 
本当は全然別の内容の記事を考えていたんですが、今日は書きたい事ができました。
 
ミニーちゃんの声優のRussi Taylor(ルシー・テイラー)さんの話です。
 
ルシーさんの訃報を聞きました。
とても悲しいのですが、ありがとうって言いたくてこの記事を書きます。
 

どんなにかわいいか

ルシーさんのやってくださっていたミニーちゃんが、どんなに素晴らしくて、どんなにかわいいかは、この公式動画を見れば分かるでしょう。
これは短編シリーズ「ミッキーマウス!」の新作エピソードです。
珍しく全編ミニーちゃんの歌で展開する話なのも、なんか理由があったのかなぁ…
 
この「ミッキーマウス!」の英語版は、全編Youtubeで見られますので、ルシーさんがかわいい事をもっと知ることができます。

どんな方だったか

ルシーさんは、先代のミッキーの声優ウェイン・オールワインさんとご夫婦でした。
ミッキーとミニーちゃんは、本物のカップルが演じていたのです。
ミッキーとミニーちゃんとしてのお仕事を通して出会ったおふたりでした。
おふたりのインタビューの日本語字幕の動画が残っていました。
ルシーさんがミニーちゃんのオーディションを受けた時の話もあって、大好きなインタビューです。
 
このDVDの映像特典として収録されているのでぜひ見てみてください。
 

【中古】初限)2.ミッキーマウス カラー・エピソード 【DVD】DVD/海外アニメ・定番スタジオ

 

(ちなみに、ミッキーの声は最初にウォルト・ディズニー自身が演じ、その後仕事が忙しくなったため音響のジム・マクドナルドに。
そして、ジムの部下だったウェインさんに引き継がれ、32年間ミッキーを演じられました。
2009年にウェインさんが死去された後は、Bret Iwan(ブレット・アイワン)さんに引き継がれました)
 

どこがすごかったのか

上記の「ミッキーマウス!」シリーズは、ミッキーの声優が通常と異なっています。
この短編シリーズは、今までのミッキーのイメージを払しょくし新しいものとするために企画されたそうです。
その目的のためか、この短編シリーズだけミッキーの声優が異なっているのです。(他キャラクターは同じ声優です)
イメージが変わりギャグが全面に出された短編でも、ミニーちゃんはルシーさんが演じています。 
 
短編『Get a horse!(ミッキーのミニー救出大作戦)』では、ミッキーの声はウォルトが演じていた昔の音声が使用されました。
ここでも、ミニーちゃんの声はルシーさんが演じています。
(「ここはどこ?ポキプシー?」っていう台詞)
 
インタビューでルシーさんも言っていましたが、それまでミニーちゃんには定まった声優がいませんでした。
ルシーさんの就任から、ミニーちゃんは単なる「横にいる女性キャラクター」から、「とってもかわいい女の子のアイコン」へと変ったのだと思います。
それは、32年間一貫して、長編もテーマパークもディズニーチャンネルのミニ・シリーズでも、かわいいミニーちゃんでいてくれたルシーさんの功績が大きいと思っています。
世界中に各国語のミニーちゃんがいて、「かわいい女の子」のイメージも各国で異なったりするけど、みんながイメージするミニーちゃんの基礎にはルシーさんのかわいいお声があります。
 

 
ルシーさんがしてくれた素晴らしい仕事と、ルシーさんのsweetなミニーちゃんに愛をこめて。
いずみがお送りしました。